『パーマネント野ばら』
- 2016/09/09(Fri) -
西原理恵子 『パーマネント野ばら』(新潮文庫)、読了。

サイバラさんのフィクション作品を初めて読みました。

きちんと読み込めた自信がないですが、
でも面白かったです。

田舎の貧しい漁村にただ1軒の美容院で繰り広げられる
女たちの喜怒哀楽。
女だけの世界だと、ここまでお下品になれるのかという日常会話が
目白押しですが、一方で、主人公の心の中は詩的な世界が広がっています。

このドギツイ日常と悲しみの漂う詩的内心のバランスが
独特の作品世界を作り出しており、
その世界に飲まれていくような感覚を覚えました。

このバランスが最適なのか、絶妙なのかは私には判断が付きませんでしたが、
その独特さは強く印象に残りました。

著者の、このような作品を他にも読んでみたいなと思います。


パーマネント野ばら (新潮文庫)パーマネント野ばら (新潮文庫)
西原 理恵子

新潮社 2009-03-02
売り上げランキング : 18338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  西原理恵子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『孤独のチカラ』 | メイン | 『光太夫オロシャばなし』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4964-aab7bbf2
| メイン |