『身がわり』
- 2016/08/24(Wed) -
有吉玉青 『身がわり』(新潮文庫)、再読。

何度目になるでしょうか。

中学生の時に初めて読んで、
主人公が母や家族や周囲の大人たちに対して向ける目に深く共感し、
我が事のように作品の世界を体験できたことから
「本って、こんなに凄いんだ!」と、読書世界にのめりこむことになった思い出の一冊です。

大作家を母に持ち、父がいない分、母だけが親だった著者。
忙しい母は、構えるときに子供に構おうとする、モザイク模様の愛情を注ぎます。
子供は、その愛情の重さを感じながらも、負担にも感じ、ズレているとも感じ、
母を避けようとする時期が、これまたモザイク状に発生します。

こんな、すれ違いの母と娘の物語を娘の視点から
非常に冷静なまなざしで紡いでいきます。
母に対してだけでなく、自分自身に対しても冷徹なまなざし。

この冷徹さがあるからこそ、
一見、心変わりのような行動の変化が起きても、
「そういう心境の変化によるものなのか」と納得でき、
1人の人間の姿として、太い軸を感じることができます。
この観察力と感応力と分析力は凄いなといつも感じます。

今回の読書では、祖母の姿が一番印象に残りました。

有吉佐和子の秘書としてテキパキと物事を仕切る祖母、
ちょっとズレた母の愛情の発露を、一緒に苦笑してくれる祖母、
著者が母の意にそわないことをするときに共犯者になってくれる祖母、
しかし、母の死から、次第に祖母の中で母の神格化が始まり、
3人のバランスが、2:1になるようになっていきます。

逆縁という罪。
それを、この祖母の変化で強く感じました。

祖母が印象に残ったのは、
実際に私の祖母が逆縁の経験をしているため、
その打ちひしがれた姿が目に焼き付いているからかもしれません。
もしくは、自分の母が「おばあちゃん」と呼ばれる年代に入ってきたせいかもしれません。

この本を読んで、いつも読後に心に誓うのは、
自分の家族とは、自分だけに与えられた家族、
どの他の家の家族とも違う、オリジナルのものである。
だから自分の家族を大事にしなければいけないし、
自分の家族を大事にできるのは自分たち家族のみだということです。

今日も、そのような気持ちを新たにしました。


身がわり―母・有吉佐和子との日日 (新潮文庫)身がわり―母・有吉佐和子との日日 (新潮文庫)
有吉 玉青

新潮社 1992-03
売り上げランキング : 220806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  有吉佐和子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『お魚の大疑問』 | メイン | 『デイ・アフター・トゥモロー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4946-17dc2bb6
| メイン |