『オープン・セサミ』
- 2016/08/19(Fri) -
久保寺健彦 『オープン・セサミ』(文春文庫)、読了。

お初の作家さんです。

冒頭の作品で、新任教師が直面する学級崩壊の現場という
現代の社会問題を真正面から捉えた舞台設定に
その描写の説得力に驚かされながら、
最後はどのように結論付けるのだろうかと期待したら・・・・・
なんとも拍子抜けのご都合主義で、えっ・・・・って感じでした。

次の「はじめてのおでかけ」でも、
娘が父親に向ける厳しい視線を描写しながら、
最後はなぁなぁで終わってしまった感じ。

ハートウォーミングに終わるのとは
ちょっと違う感じを受けてしまうような、気の抜けた終わり方です。

ちょっと物語の閉じ方が雑というか。

結局、後半も、その感想を引きずってしまい、
なんだか作品との距離を縮められないまま終わってしまいました。

題材の選び方は面白いと思ったので、
ストーリー構成を作りこんでほしいですね。


オープン・セサミ (文春文庫)オープン・セサミ (文春文庫)
久保寺 健彦

文藝春秋 2012-10-10
売り上げランキング : 1021426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『エボリューション』 | メイン | 『パイナップルの彼方』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4944-1001aef7
| メイン |