『ダブル・ジョーカー』
- 2016/08/04(Thu) -
柳広司 『ダブル・ジョーカー』(角川文庫)、読了。

D機関シリーズ第2弾。

表題作である冒頭の1篇を読み、
ジョーカー同士の競争を描いた作品なんだな!と思ってしまったのですが、
それは、その1篇のみでした。

ま、この1編で決着がついたということなんでしょうね。
ちょっと続編を読んでみたい気になりました。

が、そのあとに続く短編も、
スパイの世界を様々な角度から描いており、
飽きさせません。

第1作と比べると
衝撃度はゆるやかになりましたが、
本作も楽しませてもらいました。


ダブル・ジョーカー (角川文庫)ダブル・ジョーカー (角川文庫)
柳 広司

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-22
売り上げランキング : 2789

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  柳広司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ふるさとの民話と資料-海山地方-』 | メイン | 『日本中枢の崩壊』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4928-a372c92f
| メイン |