「奇々怪々お化け浮世絵」展
- 2016/07/31(Sun) -
「奇々怪々お化け浮世絵」展

パラミタミュージアムで開催中の「奇々怪々お化け浮世絵」展。
本日、最終日ということで、滑り込みセーフ。

あまり調べもせずにお邪魔し、
「暁斎さん居るかな?」と覗いてみた気分だったのですが、
残念ながら暁斎作品はありませんでした。

有名な「百物語」などが置かれていましたが、
個人的に気になったのは、平清盛が怪現象を見たとする場面を現した3つの作品。
歌川国芳、月岡芳年、歌川広重が描いていますが、
それぞれの「怪異」の描き方が面白く、
現代のイラスト画に通じるポップさもあり、印象に残りました。

展示数は、予想していたよりも多くて良かったのですが、
絵描きさんに偏りがあったので、もう少しバラエティ豊かにして欲しかったなというところです。


20160731_150334_577.jpg
関連記事
この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『母性』 | メイン | 『海猿 THE LAST MESSAGE』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4926-67f8e47a
| メイン |