『されど、かすみ草』
- 2016/07/30(Sat) -
藤堂志津子 『されど、かすみ草』(実業之日本社)、読了。

結婚に向けて素敵な男性を探そうとする20代のOL。
主人公は地味で堅実な性格。
親友2人は、男性とのトラブルで借金を抱える暗い女と、
反対に社交性があり陽気だけれど軽い女。
そして、主人公は、自分で決めることができず、同居するバツイチの叔母に相談しまくる。

うーん、残念ながら3人とも共感できず。
あえて言うなら、お金持ちの全夫と死別し、30代半ばにして定職にもつかず
人生を謳歌している叔母の、自由な視点で社会や3人を評するスタンスが
興味深いという感じでしょうか。

でも、職を持たずにふらふらしているのは、
やっぱり人間の生き方として共感できません。

登場してくる男性の方も
軽かったり、慎重すぎたりで、あんまりパッとしません。

うーん。作品の書かれた時代でしょうかね。


されど、かすみ草されど、かすみ草
藤堂 志津子

実業之日本社 1992-03
売り上げランキング : 2436848

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  藤堂志津子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『海猿 THE LAST MESSAGE』 | メイン | 『アメリカン・スウィートハート』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4924-1c9812a2
| メイン |