『本物の教養』
- 2016/07/13(Wed) -
出口治明 『本物の教養』(幻冬舎新書)、読了。

出口社長の講演会が面白かったので本を読みたいと思っているのですが、
なかなか100円で見つけられません・・・・・。
ようやく本作をゲットです。

しかも、テーマが「教養」。
こりゃ、興味津々です。

期待したのは読書ネタ。
三重県の田舎から京都大学に進学したときの
周囲の同級生のレベルの高さに圧倒されたという経験を書いていますが、
私自身も、ここまでハイレベルな話ではないにしても
同級生の知識の幅広さや深さに圧倒された記憶があります。
だからと言って、それほど大した努力はしませんでしたが・・・・。

でも、やはり、自分と近いところにデキル人間がいるというのは
非常に刺激になりますし、何か自分も強みを見つけなければと焦ります。

それが上手く好転するようになると、著者のように教養を身に付けられるようになります。
また、教養を身に付けていく過程が自分の生活の中に組み込むことができると、
教養を求める姿勢が普通になり、成長のない自分が長く続くと気持ち悪くなります。

非常にレベルの高い生活態度を著者は体現していると思いますが、
如何に自分の中に取り込めるかが肝かなと思います。


人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)
出口 治明

幻冬舎 2015-09-30
売り上げランキング : 4589

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『伊勢発見』 | メイン | 『分かりやすい教え方の技術』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4905-1c0e1fb1
| メイン |