ZERO、ブランチ
- 2016/07/10(Sun) -
春から生活環境が変わり、
ますますテレビの世界から離れて行ってしまっていますが、
きちんと録画は続けております・・・・・そろそろHDDが限界かも(苦笑)。

で、映画に先行して、小説の出版を機に
いろんなテレビに出まくっているようで、見られたものを2つばかり。

『ZERO』(2016年7月6日放送)
最近、テレビそのものを見なくなったので、
報道番組の在り様を把握していないのですが、
この番組は、こういう芸能ネタも普段から扱っているのでしょうか?
一見、密着している風で、実は全然深堀出来ていない表面的な取材のように感じたのですが、
うーん、この放送って、番組的に何か意味があったのでしょうか?

『王様のブランチ』(2016年7月9日放送)
こちらは、しっかりとインタビューをしてくれていて、面白かったです。
好きな小説家が、太宰、漱石、春樹と、まさに王道。
笑いもベタなものが好きな内村さんらしい、王道路線で、何だか安心感(笑)。
でも、王道を好きと言い切れるのは、実は自分の読書に自信がないと難しいです。
自信がない人ほど変化球の本を言いたがるように思います。
一方、読書家だけど読んだ端から内容を忘れていく三村さん(爆)。
私はきっと、三村さんタイプ。
徳ちゃんも、先日ラジオで、家に本がある環境が大事なんだと言っていましたが、
私もその通りだと思います。
私が本を読むようになったのは、父と祖父の本棚に囲まれていたから。
あと、小学校の時の学年で一番頭の良い男の子が本をたくさん貸してくれたから。
本があることが当たり前の環境って大事ですよね。
その点、内村家は、両親ともに読書好きなようなので、大丈夫そうですね。
心音ちゃんは、すでに太宰を使ったコントも披露してますし(笑)。


金メダル男 (中公文庫)金メダル男 (中公文庫)
内村 光良

中央公論新社 2016-06-23
売り上げランキング : 125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)
太宰 治

文藝春秋 2000-10
売り上げランキング : 3354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吾輩は猫である吾輩は猫である
夏目 漱石

2012-09-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
村上 春樹

文藝春秋 2015-12-04
売り上げランキング : 5043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『分かりやすい教え方の技術』 | メイン | 『無料ビジネスの時代』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4903-dbd5faa2
| メイン |