FC2ブログ
『黄金を抱いて翔べ』
- 2007/01/16(Tue) -
高村薫 『黄金を抱いて翔べ』(新潮文庫)、読了。

『オーシャンズ11』のような金庫破りのお話かと思い、
軽い気持ちで読み始めたら、ガツンと殴られました。
『テロリストのパラソル』でも、同じような衝撃をうけたなぁ。

銀行から500kgの金塊を盗み出す・・・というのは
あくまで登場人物たちを結び付けている舞台装置に過ぎず、
本質は、幸田・北川・野田・モモ・ジイちゃん・春樹が
何を感じ、何を考え、何をしたのか描くことの中にあるのだと思います。

幸田を中心に、それぞれとの人間の関係性が
出来事の推移とともに変化していく様子が緻密に描かれていて
ぐいぐい読ませてくれました。

わたしは、途中から金庫破りのことなんぞにはあまり感心が向かなくなってしまい、
極言すれば、金庫破りに挑戦すらできない状況に陥っても、
物語が進んでいくのならば、納得できてしまうような気になっていました。
彼らの関係にひとつの結末が付くのなら、それで十分楽しめるだろうなと。
それぐらい、彼らに引き付けられてしまいました。

惜しむらくは、題名かなぁ。
そして、裏表紙の紹介文。
痛快犯罪モノだと思って手に取り、
私のようにハマるタイプと、「騙された!」となっちゃうタイプと
両極端に分かれそうな気がします。

黄金を抱いて翔べ
黄金を抱いて翔べ高村 薫

新潮社 1994-01
売り上げランキング : 12556

おすすめ平均 star
star鋭い人間観察と社会観
star一応読んでおいてもいいかも。
star高村薫、記念すべき初めの一歩

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オーシャンズ11 特別版
オーシャンズ11 特別版スティーヴン・ソダーバーグ ジョージ・クルーニー ブラッド・ピット

おすすめ平均
stars痛快!なぜか胸がスットしますよ♪
stars無駄遣い?なのかな
stars痛快カッコイイ!
stars最高のチームですね。
starsハリウッドのお祭り映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テロリストのパラソル
テロリストのパラソル藤原 伊織

講談社 1998-07
売り上げランキング : 23806

おすすめ平均 star
starハードボイルドの新時代
star全共闘世代にしか通用しない危険な作品
star一番大好きなハードボイルド。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  高村薫 | CM(5) | TB(1) | ▲ top
<<『開けっぱなしの密室』 | メイン | 内P>>
コメント
-TBありがとうございます。-
1990年の作品ですから今回映画化されたことで読まれる方はたしかに誤解されるかもしれません。高村作品はかなり読んでいますが、これは今回熟読しました。処女作といっていい作品ですが、さすが彼女の今ある貫録の値打ちがここからあるのだと思いました。
2012/10/09 11:19  | URL | よっちゃん #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top

--
よっちゃん様

CM&TBありがとうございます。
高村作品は、人間を描いていて、じっくり読ませれくれるものが多いですよね。
私は、まだ数冊しか読んでいないですが、他のものも挑戦していきたいと思っています。
ただ、ボリュームもヘビーなものが多いので、やや躊躇するところも(苦笑)。
2012/10/10 22:41  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top

--
TBありがとうございます。
映画がどんなものだったか気になります。
2018/06/29 20:33  | URL | kansas #-[ 編集] |  ▲ top

--
kansas様

CMありがとうございます。
映画化の情報も他のBlogerさんから頂きましたが、
結局、私は見ないままになってしまっています。
確かに、この作品をどう映像で表現したのか気になりますね。
2018/06/30 00:34  | URL | かもめ組 #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/07/01 19:02  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/489-a9d70b0c
-高村薫 『黄金を抱いて翔べ』 高村文学の原点をここに見た-
映画化され、11月には公開されるという。高村薫の作品で映画化されたものがあったろうかと首をひねる。これが氏のデビュー作であるにもかかわらず、わたしは読んでいなかった。 …
2012/10/09 11:22  日記風雑読書きなぐり ▲ top

| メイン |