『マーシャル・ロー』
- 2016/06/17(Fri) -
『マーシャル・ロー』

イスラム過激派がNYで連続爆弾テロを仕掛け、
それに立ち向かうFBI、CIA、軍隊の三つ巴の組織闘争という構図の作品。

どんどん次のテロ事件が起きていくというスピード感と、
累積死者数の加速度的な増加、そして、何よりもNYが機能不全に陥るという
シチュエーションに、「911後にここまで踏み込んで描くとは勇気あるなぁ」と思ったのですが、
観終わった後に調べたら、なんと1998年の作品。

911の3年も前に、イスラム過激派VS米国市民社会という構図で
ここまで具体的で深刻な対立構造を描けてしまってたアメリカという国に、
病気の根深さを見てしまいました。

本作では、戒厳令が敷かれ、米国軍が出動する事態となりますが、
その手前では、一応、米国内で米国民(であるイスラム系住民)に対して軍隊を出動させるなんて
軍のあり方として間違っているというような本質論での議論が展開されていました。

しかし、もしトランプ大統領の治政下でこのような事件が起きたら、
即刻軍隊出動&イスラム系住民の弾圧が始まりそうで、恐ろしいです。

テロ事件に直面するアメリカ国民の動揺や混乱を描きながら、
アメリカが中東諸国に対して行ってきた長年の政治介入や裏工作、
それを支える大国主義的思想について批判的な目を注ぎます。

しかし、作品としての結末は、個人的な話に急に矮小化してしまい、
適当にお茶を濁してしまった感じがあります。
何も解決していないのに、上手く丸め込んでしまったような印象です。

作品が扱う問題が根深過ぎて、2時間の映画では受け止めきれないということなのでしょうが。
アメリカはどこに向かっていくのか、特にこの大統領選挙を前にした今、
本作を見てモヤモヤとしたものが残ってしまいました。


マーシャル・ロー [DVD]マーシャル・ロー [DVD]
エドワード・ズウィック

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント 2003-04-11
売り上げランキング : 62069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  デンゼル・ワシントン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『真実の瞬間』 | メイン | 『コンプライアンス 服従の心理』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4882-77df08e9
| メイン |