『太陽の塔』
- 2016/06/04(Sat) -
森見登美彦 『太陽の塔』(新潮文庫)、読了。

森見登美彦氏のデビュー作。

デビューの時から作風はガッチリ固まっていたということを理解できました。

が、この作風は、私には合わないということも再認識しました。

味付けが濃厚すぎて、途中で飽きちゃうんですよね・・・・。

が、「ええじゃないか」の顛末は面白かったです。


太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
森見 登美彦

新潮社 2006-06-01
売り上げランキング : 17681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  森見登美彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『10代の子どもが育つ魔法の言葉』 | メイン | 『モンスター・ホテル』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4861-3dfe7640
| メイン |