『風流武辺』
- 2016/05/30(Mon) -
津本陽 『風流武辺』(朝日文庫)、通読。

戦国時代に、茶の湯の道を極めた上田宗箇を描いた作品。

知らない人物の話だったので、
正直、興味を盛り立てるのが難しかったです。

尾張に生まれ、紀州藩に勤めたということから
三重県の地名もときどき出てきましたが、
それだけで500ページの大作に興味を持ち続けるのは
しんどかったです。

そもそも、冒頭のところから
あまり文章が頭にすんなり入ってこなくて苦労しました。
読むタイミングを間違えたかな。


風流武辺 (朝日文庫)風流武辺 (朝日文庫)
津本 陽

朝日新聞社 2002-01
売り上げランキング : 133948

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  津本陽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』 | メイン | 『聞かなかった場所』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4858-04f01402
| メイン |