『フライト』
- 2016/05/26(Thu) -
『フライト』

航空機事故から奇跡の生還を果たしたパイロットが、
一転してアルコール操縦の疑いをかけられるというサスペンス。

ま、疑いというか、もろアル中なんですけどね(苦笑)。

前半の飛行機事故シーンは、
緊迫の場面の連続で、手に汗握る、まさに映画としての本領発揮でした。

事故当日の朝に、コカインを吸うシーンがあったので、
最初は、薬物による操縦ミスという設定なのかと思ってしまいましたが、
事故原因は機体の整備ミスという展開。
機長としてはベストを尽くしたということでしょう。

で、物語は中盤から、
機長のアル中をどうやって隠ぺいするのかということに向けて
組合や弁護士が動いていくわけですが、
そこはアル中、期待を裏切らないダメ男っぷりを露呈していきます。

この隠ぺい作業が、意外とあっさり進んでいくのが何だか拍子抜け。
マスコミの攻勢もぬるい感じですし。

で、最後は大きな展開があるのかと思いきや
オーソドックスな流れで大団円を迎えました。
ま、社会派メッセージを持った作品ですから、
こういう締めくくりにしておかないと落ち着かないのかな。

一つ気になったのは、
機長の問題が、アルコールに集中していて、コカインへの言及が少なかったこと。
日本人の感覚としては、アルコールよりも薬物の方が重大な問題のように思えるのですが、
コカインというのは米国では、その程度の扱いなのでしょうかね。
生活を破壊する威力としては、アルコールの方が怖いということなのでしょうか。

この米国人の感覚も、何だか麻痺してしまっているようで怖いです。


フライト [DVD]フライト [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2013-11-22
売り上げランキング : 32800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  デンゼル・ワシントン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『数学漂流記』 | メイン | 『闇の歯車』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4856-8f9b82c9
| メイン |