『みんないってしまう』
- 2016/05/14(Sat) -
山本文緒 『みんないってしまう』(角川文庫)、読了。

前回の山本文緒作品がなんだかイマイチだったので、
仕切り直しの短編集です。

大切な何かを喪うお話が12編。

そういうときって、やっぱり心のバランスが崩れていて、
何が大切なのか、きちんと判断できてないということなのでしょう。

通常なら、そういう精神状態の主人公を見て、
「馬鹿だなぁ」と突き放してしまいがちなのですが、
本作は、なぜか納得してしまう展開が多かったです。
客観的にみると、変な行動をとっているのですが、どこか共感できると言いますか。

人間、いつも合理的に動けるわけではないし、
どこか非合理な判断に惹かれてしまうときがあるのでしょうか。

変なことを、「そういうこともありそう・・・・」と思わせてしまうのは、
やはり作家の腕なのでしょうね。

仕切り直しには良い作品でした。


みんないってしまう (角川文庫)みんないってしまう (角川文庫)
山本 文緒

角川書店 1999-06
売り上げランキング : 103183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  山本文緒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『リズム』 | メイン | 『クワイエットルームにようこそ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4841-b59e49f5
| メイン |