『森崎書店の日々』
- 2016/05/12(Thu) -
八木沢里志 『森崎書店の日々』(小学館文庫)

タイトルが気になって「本屋さんの話かぁ」と手に取り、
表紙を見て「ドラマ化もされているのかぁ」ということで買ってみました。

神保町古本屋が舞台のお話。
「さぼうる」ならぬ「すぼうる」も登場して、
古本好きには楽しい設定です。

しかし、文章がいけてない。
何だか説明文を読んでいるかのように、
起きたこと、思ったことを全て文字で説明してくれます。
行間というものがない。
なので、読んでいても私の気持ちを入れる隙間がないです。

そして、物語自体もありきたりで想像の範囲内のことしか起きません。
そういう意味ではオーソドックスで、テレビドラマ化するには
素材にしやすい作品だと思います。
これをプロットにして、脚本家や演出家がアレンジを加える余白が
多分にありますから。

せっかくの楽しい舞台装置だったのに、
肝心の内容が薄く、文章のお化粧も薄いので、イマイチでした。


森崎書店の日々 (小学館文庫)森崎書店の日々 (小学館文庫)
八木沢 里志

小学館 2010-09-07
売り上げランキング : 83538

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『クワイエットルームにようこそ』 | メイン | 『水底の歌』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4833-d2dad5ac
| メイン |