FC2ブログ
『家族が自殺に追い込まれるとき』
- 2007/01/11(Thu) -
鎌田慧 『家族が自殺に追い込まれるとき』(講談社文庫)、読了。

自分が会社勤めであるため、
関心はやっぱり「自分の身に起き得ることなのか」ということに向かってしまう。

仕事の量、責任と権限のバランス、共同作業者の数、上司の資質など、
彼らが置かれた勤務環境は、今の自分のそれとどのくらい違うのか。

そして、適切な手抜きは一種の才能だと尊び、
「最後は何とかなるさ」と楽観視してしまえる自分のこの能天気な性格でも、
彼らのような環境に置かれたら、追い詰められてしまうのか。

この本を通して、また、学生の頃に触れた幾つかの類似の本を通して、
様々な事例を読んではみたものの、
結局、自分自身と「過労自殺」という事象との距離感がつかめない。
身に迫るような危機感は無いが、漠然とした不安を消せない。
「何かの拍子に突如『過労自殺』という概念が自分に重圧をかけ始めることが
起き得るのではないか。『起きない』とは決して断言できない」

そして、これらの事象を読んでいて一番怖いのは、
そういうのっぴきならない状況に陥ってしまっても、
家族でさえも十分なフォローができていないということ。
「休んだら?」「仕事辞めたら?」とひと声かけることはおろか、
本人が悩んでいた当時、ことの重大さを正しく認識し、
その悩みを共有してあげられていたのか。

置かれた環境と、本人の性格と、周囲の人間の関わり方。
この3つの要因が絡み合っているところは、
昨今の社会問題である「いじめ」の構造とよく似ていると思う。

家族が自殺に追い込まれるとき
家族が自殺に追い込まれるとき鎌田 慧

講談社 2002-08
売り上げランキング : 280774

おすすめ平均 star
star残された家族、特に妻の心理にばかり添いすぎ
star社会の暗さ、自殺の驚異

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

過労自殺
過労自殺川人 博

おすすめ平均
stars読まれることを心からお勧めいたします
starsしたたかに考え、行動せよ。自分と家族の命を守ること
stars過労自殺特異な社会現象ではありません。
stars現代を生きる勤労者の必読書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  鎌田慧 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウンナンタイム | メイン | 『世紀末の指導原理』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/482-36ff1458
| メイン |