『トランス』
- 2016/04/25(Mon) -
『トランス』

スタイリッシュな絵画盗難のシーンから始まるので、
「あれ?これってアクション系の泥棒映画??」と思ってしまいましたが、
中盤から一気に心理系サスペンスになっていきました。

絵画盗難の一味に加わったオークション会社社員の主人公は、
その過程で頭を殴られ、部分的な記憶喪失に。
盗んだ絵画をどこに隠したかを忘れてしまい、
仲間から拷問を受けるも思い出せず、ついに催眠療法に頼ることに・・・・・。

このあたりから、不気味な雰囲気が一気に画面を支配していきます。
そして、催眠療法士の操るがままに、トランス世界へと入っていきます。

そのトランス世界の描き方の微妙な歪みや揺らぎが
この作品の暗くて不安定な世界観を上手く醸し出していて、
映画の間中、その不気味さに浸っていることができます。

現実とトランス世界が混濁し、終盤は、どこまでが現実なのか分からなくなってきます。
ストーリーも難解になっていくのですが、そこをしっかりと魅せていくのが
主人公を演じるジェームズ・マカヴォイ、
犯行集団のリーダーを演じるヴァンサン・カッセル、
そして、催眠療法士を演じるロザリオ・ドーソンです。

特に、ロザリオ・ドーソンが、物語が展開していくに従って、
その多面性が見えてきて、妖艶さを増していくところが良かったです。

101分という時間の割には長く感じてしまったのは
途中、少し演出がもたついたということなのかもしれませんが、
全体的には面白く観られました。


トランス [DVD]トランス [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-11-12
売り上げランキング : 30799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『動乱の日本史』 | メイン | 『透明人間』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4819-f3503306
| メイン |