『透明人間』
- 2016/04/24(Sun) -
H.G.ウェルズ 『透明人間』(岩波文庫)、読了。

透明人間というモチーフは、様々な作品で使われてきたと思いますが、
その元祖とも言うべき本作を読んでみました。

どういうストーリーの話なのか知らなかったのですが、
読んでみたら、何だか悲しい話でした。

過酷な研究の結果、ようやく透明になる薬を発明したものの
今度は透明な状態から戻ることができず、苦悩する透明人間。

その「元に戻ろう」とする過程で訪れた村での出来事を綴ったのが
本作になっています。

通常、透明人間という存在を考えるときには、
「透明人間になったら、アレをして、コレをして・・・・」という文脈になるのですが、
本作では、「透明人間であることから脱するには・・・」という文脈で構成されており、
あえて、そこを狙って書いたところが、上手いなぁと思わせます。

SFモノというのは、ただ斬新さや新規性を面白く見せるものよりも、
どこか悲しさがある作品の方が、読み手に深い印象を残すようですね。


透明人間 (岩波文庫)透明人間 (岩波文庫)
H.G. ウエルズ Herbert George Wells

岩波書店 1992-06-16
売り上げランキング : 51116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『トランス』 | メイン | ダイビング @尾鷲 行野浦>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4816-b6896ce1
| メイン |