『国境の女』
- 2016/04/14(Thu) -
夏樹静子 『国境の女』(徳間文庫)、読了。

まもなく帰国するはずだった米国駐在の夫が
かの地で刺殺死体となって見つかった。
現地に飛んだ妻は、夫の女性関係を知らされ・・・・・。

序盤は、この夫と不本意な結婚をすることになった
主人公の女性の気持ちを丁寧に書いていたのに、
殺人事件が起こってからは、淡々と状況の描写が続くようになってしまい、
主人公が、夫の知らない一面を聞かされたときの心理描写とかが
置き去りになってしまっているような印象でした。

事件の真相も、真相の方から表に出てきたような感じで、
謎解き感も中途半端。

大味な読書となりました。


国境の女 (徳間文庫)国境の女 (徳間文庫)
夏樹 静子

徳間書店 2001-02
売り上げランキング : 750969

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  夏樹静子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『幸福な食卓』 | メイン | 『三毛猫ホームズの怪談』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4809-1890271f
| メイン |