『鞄の中から出てきた話』
- 2016/04/02(Sat) -
なだいなだ 『鞄の中から出てきた話』(毎日新聞社)、読了。

祖父の本棚にあり、
「へぇ、こんな本も読むんだぁ・・・・」と思った一冊。

日常のことを書いたエッセイですが、
精神科医というご専門から、夢の話が多いです。

ユーモアと、ちょっぴり毒を交えながらの文章は
ふふふと読みやすく、気軽な読書にぴったりです。

ただ、精神科の患者さんのお話も出てきて、
明るく書かれてはいますが、大変なお仕事だと再認識。

つくづく、精神科の先生は、自分が鬱になることはないのかなぁと
心配になってしまいます。


鞄の中から出てきた話 (集英社文庫)鞄の中から出てきた話 (集英社文庫)
なだ いなだ

集英社 1985-03
売り上げランキング : 1594496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『続新視点 三重県の歴史』 | メイン | 『アメリカ居すわり一人旅』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4796-e7d000bf
| メイン |