『続新視点 三重県の歴史』
- 2016/04/02(Sat) -
毎日新聞社津支局 『続新視点 三重県の歴史』(山川出版社)、読了。

家の近所の本屋に行ったら、
「三重県コーナー」というものがあり、この本が平積みされていました。
地元のことをきちんと学ぶのも大事かなと思い、試し買い。

「歴史」と銘打っていますが、
自然の話から始まり、民俗学などの話も出てくるため、
どちらかと言うと博物学的な印象です。
三重県総合博物館Miemuの開館に合せて新聞に連載された企画なので、
幅広な分野を扱うことには納得。

ただ、新聞の連載なので、2ページで1コラムとなっており、
読みやすいですが、ちょっと物足りないです。

また、「続」ということで、2冊目のため、
マニアックな話題が多く、1冊目から読んだほうが良かったかなと反省。

いずれにしても、上方に近いところにあるという地理関係、
そして伊勢神宮があるという信仰の重み、
温暖な気候のために豊かな土地が広がるという自然環境、
様々な観点で、自分が生まれた県の特徴を知ることができるというのは
素直に面白いと感じる経験でした。

小学校の総合学習とかで、自分の住む土地について多方面から学ぶという
時間を取れれば、郷土愛を育むことができるのではないでしょうか。
その一翼を、博物館が担っているんだということが、
Miemuの活動の紹介を通して良く理解できました。


続 新視点 三重県の歴史続 新視点 三重県の歴史
三重県総合博物館学芸員 三重県史編さん班 毎日新聞社津支局

山川出版社 2014-04
売り上げランキング : 1300676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『笑うカイチュウ』 | メイン | 『鞄の中から出てきた話』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4795-fe28ac55
| メイン |