『社外取締役』
- 2016/03/24(Thu) -
牛島信 『社外取締役』(幻冬舎文庫)、読了。

一部上場企業とは言え、一代で成り上がってきたような企業におけ
権力闘争の様子を、社外取締役の目から描いた作品・・・・・・・・

とは言っても、大学教授が、企業の箔付けのために社外取締役に乞われ、
軽い気持ちで乗っかってしまったために、その後の権力闘争に巻き込まれ、
しかも自ら権力を奪いに行こうとするという展開です。

会社の権力闘争における会社法の切った貼ったの世界は面白かったのですが、
如何せん、登場人物たちの心の動きの描写が雑で、
「なんで、この人がこんなリスキーな決断をするのだろうか?」という疑問が
要所要所で現れてくるので、物語に信憑性がないです。

後半は、セクハラスキャンダルの流れで、
男女関係について登場人物を通していろいろ語らせていますが。
こちらも何だか薄っぺらい感じでイマイチ。

法律の話は興味深かったですが、
人間の物語としては入っていけませんでした。


社外取締役 (幻冬舎文庫)社外取締役 (幻冬舎文庫)
牛島 信

幻冬舎 2007-10-10
売り上げランキング : 94076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『正義の見方』 | メイン | 『TOUR 1989』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4785-59b024a9
-『社外取締役』-
社外取締役 (幻冬舎文庫 う 2-6)牛島 信幻冬舎 2007-10Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 逆転 リベンジ (幻冬舎文庫) MBO―マネジメント・バイアウト (幻冬舎文庫) 株主総会 (幻冬舎文庫) 株主代表訴訟 (幻冬舎文庫) 買収者(アクワイアラー) (幻冬舎文庫) ひょんなことから社外取締役となった人物の活躍を描いた経済小説。 日本近世史を専門と... …
2016/03/26 10:19  雨読夜話 ▲ top

| メイン |