『本当の戦争の話をしよう』
- 2016/03/10(Thu) -
ティム・オブライエン 『本当の戦争の話をしよう』(文春文庫)、通読。

ベトナム帰還兵が綴った、「本当の戦争の話」。

戦争というのは、ヒーローを生んだり、助け合う美談があったり、
奇跡の生還劇があったり、敵との駆け引きがあったり・・・・・というような
物語になるべくしてなるものではなく、
「本当の戦争」とは、戦地に送られ、命令を待ち、人を撃ち、人に撃たれる、
ただただ、それだけの世界であるということを書いているのかなと思います。

伝えようとしていることは重要なことだと思います。
ただ、その分、小説のお話の方は、淡々とした描写になってしまい、
正直このテーマに思い入れがないと、読み進めることが難しかったです。

まだまだ、私がお子ちゃまの読書をしているということでしょうかね。


本当の戦争の話をしよう (文春文庫)本当の戦争の話をしよう (文春文庫)
ティム・オブライエン Tim O'Brien

文藝春秋 1998-02
売り上げランキング : 24281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  村上春樹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<川喜田半泥子の旅 | メイン | 『対岸の彼女』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4774-c86f629f
| メイン |