『誰でもよかった』
- 2016/03/13(Sun) -
五十嵐貴久 『誰でもよかった』(幻冬舎文庫)、読了。

秋葉原での事件をモチーフに・・・・・というか、題材としてそのまま扱った作品です。

まだ、秋葉原事件の衝撃が風化していないような状況で、
小説にしてしまって大丈夫なのだろうか?という疑問があったのですが、
最初の十数ページで展開される事件の描写のあまりのストレートさに、
読んだ人や関係者にここまでダメージを与える作品を描く必要性が、
ちゃんとこの後の物語展開で提示されるのだろうか???と不安になってしまいました。

犯人と警察の交渉役とのやりとりが続くので、続きの展開が気になり、一気に読めます。
ただ、交渉内容自体は、プロフェッショナルが出てきた割には
大したテクニックも罠も登場せず、やりとりに華やかさが感じられません。

課長の判断は、常に甘い方にブレていき、
その理由は最後に明かされますが、物語が展開している間は納得しがたいものがあります。
それを、交渉役が甘んじて受け入れてしまうので、きったはったの交渉にならなかったのかなと思います。

そして、その、課長の判断の真相については、考え方としては十分ありえる話だと思いますが、
その見せ方が下手というか、話の持って行き方が下手というか。

結局、最初に感じた「今、この作品をこんな形で世に送り出す意味があるの?」という問いには
答えられていない作品だと思います。

著者の独善さが出てしまったのではないかなと思います。


誰でもよかった (幻冬舎文庫)誰でもよかった (幻冬舎文庫)
五十嵐 貴久

幻冬舎 2014-10-09
売り上げランキング : 398384

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  五十嵐貴久 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『天皇に関する十二章』 | メイン | 川喜田半泥子の旅>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4772-ea98b387
| メイン |