『霖雨』
- 2016/03/06(Sun) -
葉室麟 『霖雨』(PHP学芸文庫)、通読。

実家に置いてあったので読んでみました。
が、うーん、あまり刺さりませんでした。

大塩平八郎の乱が起きた頃の不安定な時代にあって、
天領の豊後日田で私塾を開く広瀬淡窓とその弟で商人の九兵衛を中心とした物語。

時代の不安定さは端々に描写されているのですが、
それに対する主人公2人の姿勢が、基本的に「受容する」という受け身の姿勢に思われ、
あまり共感できませんでした。

そもそも物語の展開も静かな感じで、ワクワク感が得られず。

直木賞受賞のご褒美に、かねてから書きたかった作品を思う存分好きなように書かせてもらった
というところでしょうかね。

こういう静かな世界観は、若輩者の私には楽しめませんでした。


霖雨 (PHP文芸文庫)霖雨 (PHP文芸文庫)
葉室 麟

PHP研究所 2014-11-10
売り上げランキング : 48287

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  葉室麟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @田子 | メイン | 『情勢判断の鉄則』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4766-f3265d17
| メイン |