『高野山 超人・空海の謎』
- 2016/02/16(Tue) -
百瀬明治 『高野山 超人・空海の謎』(祥伝社文庫)、読了。

サブタイトルから、空海の本だろうと思って読んだら、
高野山の方に軸を置いた解説本でした。
空海の本は何冊か読んだことがあったので、結構新鮮な気持ちで読めました。

高野山を訪れたことがないので、
武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、石田三成など、錚々たるメンバーのお墓があると知り、驚きました。
しかも、対立していた織田信長の墓まであるという懐の深さ。

そういう観光基礎知識から入り、
歴史における高野山の政治への関与の仕方、
そして、高野山における密教信仰の内容の解説と、
俗世界の話から信仰の世界への話へと進めていく演出も
分かりやすく、読ませるものになっています。

高野山は、一度言ってみたい場所になりました。


高野山超人・空海の謎―真言密教と末法思想の源流とは (ノン・ポシェット)高野山超人・空海の謎―真言密教と末法思想の源流とは (ノン・ポシェット)
百瀬 明治

祥伝社 1999-01
売り上げランキング : 332126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『観光地の賞味期限』 | メイン | 『フリーター、家を買う。』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4746-28e668b2
| メイン |