『日本人はなぜ環境問題にだまされるのか』
- 2016/02/13(Sat) -
武田邦彦 『日本人はなぜ環境問題にだまされるのか』(PHP新書)、読了。

タイトルから、「メディアに流される日本人」「科学的思考力を持たない日本人」的な
論が展開されるのかと思ったのですが、
日本人論というよりは、地球温暖化に関する言説の真偽を解説した本でした。

うーん、看板に偽りあり(苦笑)。

ま、地球温暖化論を盲目的に信じている人が多いようには思いますので、
こうやって一石を投じるのは、「ちょっと立ち止まって考えようよ」と呼びかける
良い機会になるとは思います。

ただ、著者が、「温暖化論推進者は、説明を都合よく編集・簡易化することで日本人を丸め込んでいる」
という趣旨の批判をしているのに対して、じゃあ著者自身の説明はどうかというと、
似たり寄ったりで、簡略化したし、端折ったり、丸めたりの説明が多く、
あまり科学的な思考を誘発するようなレベルの論理展開ではないように感じました。

日本人には基本的な自然科学教育が足りないと私も思いますが、
だからと言って甘やかすのではなく、きちんと順を追って説明する根気強さが
必要なのではないかと思います。
それに応えられるレベルの人に絞って、少しずつその輪を広げていくイメージです。
ま、それは教育者の仕事であり、
本を売らねばならない著述業の仕事ではない、ということなのかもしれませんが。

地球温暖化懐疑派の議論としては、
ロンボルクのアプローチ方法に近い幅広さを感じました。


日本人はなぜ環境問題にだまされるのか (PHP新書)日本人はなぜ環境問題にだまされるのか (PHP新書)
武田 邦彦

PHP研究所 2008-11-15
売り上げランキング : 617206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  武田邦彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『木暮荘物語』 | メイン | 『鳥頭紀行ぜんぶ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4744-f8893df5
| メイン |