『東京バンドワゴン』
- 2016/02/11(Thu) -
小路幸也 『東京バンドワゴン』(集英社文庫)、読了。

人気シリーズだと思って買ってきたのですが、
ちょっと私には合わなかったようです・・・・・。

古本屋が舞台+大家族もの+日常の謎解きということで
自分の興味のある要素は揃っていたのですが、
その分ハードルが上がってしまいましたかね。

まず、謎解きよりも大家族の日常のほうを優先して描いているので、
どうしてもストーリー転換が冗長というか、
メリハリのない印象を受けました。
余計なやりとりが間に入るので、メインストーリーが掴みづらいです。

古本や稼業の方も、それほど職業としての特異性がクローズアップされることなく、
お仕事小説としては物足りない感じ。

のんびり、家族モノを楽しみたい方には向いている作品なのかもしれません。


東京バンドワゴン (1) (集英社文庫)東京バンドワゴン (1) (集英社文庫)
小路 幸也

集英社 2008-04-18
売り上げランキング : 26506

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『スティーブ・ジョブス 世界を変えた言葉』 | メイン | 『伝統の創造力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4740-07f25deb
| メイン |