『架空の球を追う』
- 2016/02/08(Mon) -
森絵都 『架空の球を追う』(文春文庫)、読了。

なんとなしに買ってきた本だったのですが、これは面白かったです!

短編集というよりも、掌編集と呼んだ方がしっくりくるような
そんな短いお話が詰まった作品です。

短編というと、星新一氏のショート・ショートや、阿刀田高氏の奇妙な話に慣れ親しんでいるので、
オチがつくことを期待してしまいがちなのですが、
本作では、日常生活のワンシーンを切り取ったような話が多く、
明確なオチがないがために、その余韻でいろいろ思いをめぐらせることが出来ます。

その切り取った日常というのも、大きな事件が起きるわけでもなく、
日常の一コマに過ぎないのですが、
その切り取り方や見せ方が上手くて、自分自身の生活はどうなのかなと
ついつい自分に引き寄せて話を読み進めたくなります。

一方で、「こんな視点があったのか!」「こういう考え方の人っているんだ!」というような
着眼点の面白さを感じる場面も多く、読んでいて面白かったです。

こういう、読み手に寄り添ってくる小説というのは、
読んでいて心地よいですし、安心感を覚えますね。


架空の球を追う (文春文庫)架空の球を追う (文春文庫)
森 絵都

文藝春秋 2011-08-04
売り上げランキング : 167773

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  森絵都 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『伝統の創造力』 | メイン | 『同和と銀行』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4737-65c091da
| メイン |