『ほどらいの恋』
- 2016/02/06(Sat) -
田辺聖子 『ほどらいの恋』(角川文庫)、読了。

おせいさんの短編集。
様々な形の男と女の関係を巡る日常を描いた作品。

恋人同士、不倫の関係などの恋愛最中の2人以外に、
お見合い相手、幼なじみ、取引先、お客様など、恋愛前だったり、恋愛とは無関係そうな2人も
いろいろ登場してきます。

そして、どの作品も、抽象化しすぎたり、内面に落ち込んでいったりせずに、
あくまで日常レベルで男と女の姿を描き、具体的な会話や行動を通して、
人と関わるというのはどういうことかを描いていきます。

私はやっぱり、おせいさんが描く関西弁の会話分のポップさが好きで、
とにかく読んでいて心地よいです。
リズム感や語幹だけでなく、切り返しのフレーズの妙だったりするところも含めて

こういう心地よさを小説から得られると、
自分の日常生活も、気をつけて見ていれば
もっともっと楽しく心地よいものなのではないかな、それを見落としているだけじゃないかなと
前向きな気持ちになれます。


ほどらいの恋―お聖さんの短篇 (角川文庫)ほどらいの恋―お聖さんの短篇 (角川文庫)
田辺 聖子

角川書店 2000-07
売り上げランキング : 862113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  田辺聖子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『阿呆の鳥飼』 | メイン | 『思考停止社会』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4734-7882421a
| メイン |