一橋ビジネスレビュー・スタディセッション
- 2016/01/28(Thu) -
『一橋ビジネスレビュー・スタディセッション』(2016年1月28日受講)

今回は、「中国マクロ経済の光と影」ということで日中産学官交流機構の田中修研究員と、
「コミュニティ・キャピタルによる温州企業の反映と限界」の一橋大学イノ研の西口敏宏教授による
セッションでした。

前半の講義は、正直、現状の分析記事のような感じだったので、
あまり刺さってきませんでした。

が、後半の西口先生の講義は、非常に面白かったです。
まずは、先生自身のエネルギーの高さに圧倒され、怒涛の45分間でした。

そして、集団が個の集合を超える働きするメカニズムを捉えた
「Small World Network」「Community Capital」という概念が興味深かったです。
しかも、社会学的には存在すると言えそうだが、数学的には証明できていないという
この発展途上な感じも面白いです。

今回は、中国がテーマだったので、温州人のビジネスモデルについて
「Small World Network」「Community Capital」で検証するというものだったのですが
ある種、同族集団の中で非常に閉鎖的な人間関係を土台にしながら、
ときに外の世界へジャンプする人間が出てきて、彼らは母集団からドロップアウトするのではなく、
成功すれば母集団の仲間を自分のもとに呼び寄せ、ともに成功しようとするという
その凝集性が特異だなと感じました。

この閉鎖性って、日本の田舎と呼ばれる地域にありがちだと思うので、
東京や大阪やさらには世界にジャンプする人をいかに育てるか、
そして、彼らが世界との橋渡し役になったり、地元に戻って成功体験を還元したりという
コミュニティの活性化の素となるような仕組みをどうやって作っていくのか、
参考になるところが多いのではないかと思いました。

そのあたりは、西口先生の著作でしっかり勉強してみたいと思います。


一橋ビジネスレビュー2015年WIN.63巻3号―中国モデルの破壊と創造一橋ビジネスレビュー2015年WIN.63巻3号―中国モデルの破壊と創造
一橋大学イノベーション研究センター

東洋経済新報社 2015-12-11
売り上げランキング : 160088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

遠距離交際と近所づきあい 成功する組織ネットワーク戦略遠距離交際と近所づきあい 成功する組織ネットワーク戦略
西口 敏宏

NTT出版 2007-01-25
売り上げランキング : 320086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | 一橋大講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ダイオウイカは知らないでしょう』 | メイン | 『歴史を動かした意外な人間関係』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4727-e9c998be
| メイン |