『実朝の首』
- 2016/01/26(Tue) -
葉室麟 『実朝の首』(角川文庫)、読了。

鎌倉幕府3代将軍・源実朝の暗殺事件の後の展開を追った作品。

どうやら、実朝の首の行方は、歴史上きちんと確認されていないようで、
その謎について著者なりの推理をめぐらした作品となっているようです。

歴史ミステリ的な側面があるので、歴史好きな人には面白い作品なのでしょうが、
私はあまり作品の世界に入っていけませんでした。

そもそも、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての、
武士の文化がそれほど好きではないのだと、本作で実感しました。

室町時代以降の、武士としての矜持や心構えのようなものが
まだ鎌倉時代ですと確立されておらず、非常に無骨で生々しい感覚で判断をしている様子に、
どうしても幼稚さや稚拙さを感じてしまい、好きになれません。

この後、執権の北條氏により御成敗式目が定められ、
武家として守るべきルールができたことで、武士の文化や教養が生まれていったのだと思うので、
武家文化の確率という意味では、鎌倉時代は大きな転換点だったのでしょうね。

というわけで、御成敗式目以前の話なので、
欲望に純粋な武士の姿が、少々野蛮に感じられて、登場人物たちに気持ちが寄せられませんでした。

ま、これは好みの問題ですから、仕方がないですね。


実朝の首 (角川文庫)実朝の首 (角川文庫)
葉室 麟

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-05-25
売り上げランキング : 35065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  葉室麟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『Discover Japan 2016年2月号』 | メイン | 『一橋ビジネスレビュー63巻3号』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4720-161ab061
| メイン |