『新・ムラ論TOKYO』
- 2016/01/22(Fri) -
隈研吾、清野由美 『新・ムラ論TOKYO』(集英社新書)、読了。

新国立競技場が隈研吾氏のデザインに決まりましたねー、
ということで本作を読んでみました。

著者の2人が下北沢、高円寺、秋葉原、そして小布施の街を歩きながら
対談をしているのですが、街に対する素直な感想が聞ける一方で、
対談の前に挿入される隈氏の解説は、自分の見解として昇華させた内容のものが読めて、
非常に興味深いものになっています。
この絶妙なバランス感覚が心地よい本でした。

東京は大都会だといえ、そこに住んでいる人間の半分以上は地方から出てきた人であり
私も含めて田舎モノが、「都会の生活ってきっとこんなんだわ」と想像しながら
東京の日常というものを作りあげているのだろうなと思います。

だから、街ごとに、「この街にはこうあって欲しい」というような期待感が働き、
より特徴が強化されて行くのかなと。

一方で、普通の地方都市は、そういう都会の良いところをつまみ食いして
取り入れようとするので、中庸で平凡な街になってしまうのかなと。

どちらが良いとか悪いとか言うわけではなく、
そういう役回りなんだなと思うようになりました。

都会の街も面白いですが、
田舎の町もそれぞれに特徴が上手く出せれば、いくらでも面白さは発掘できるように思います。

都会だけに目を注ぐのではなく、
面白い街を楽しめるような視野の広さを身につけたいものです。


新・ムラ論TOKYO (集英社新書)新・ムラ論TOKYO (集英社新書)
隈 研吾 清野 由美

集英社 2011-07-15
売り上げランキング : 177267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『夜回り先生』 | メイン | 『上から目線の構造』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4715-08c9bda9
| メイン |