fc2ブログ
『ただいま浪人』
- 2005/10/11(Tue) -
遠藤周作 『ただいま浪人』(講談社文庫)、読了。

文庫本で700ページ超の大作だったが、
ぐいぐい読ませる内容だった。

最後、まさかあの歴史的大事件が絡んでくるとは思わなかったが、
違和感なくつながっていた。

遠藤周作の小説は、
登場人物が各々自分の人生を考えに考えたうえで、
最後、重ーい終わり方をすることが多いが、
この作品もそんな一つ。

フラットな気分で読まないとしんどいかも。

ただいま浪人
ただいま浪人遠藤 周作

講談社 1974-03
売り上げランキング : 520,280

おすすめ平均 star
star切ない話。最も好きな遠藤作品。絶版にならないことを祈る。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  遠藤周作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『嵐が丘』 | メイン | 『メディアの興亡』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/47-73d0a44d
| メイン |