『毒笑小説』
- 2016/01/07(Thu) -
東野圭吾 『毒笑小説』(集英社文庫)、読了。

ブラックユーモアシリーズ
の第2弾。

手だれの著者とあって、さくっと読みやすい短編にまとまっています。
筒井康隆星新一のショートショートに比べると破壊力は落ちますが、
正月ボケのお手軽な読書にはちょうど良い感じです。

今の社会を皮肉っている「手作りマダム」とか「マニュアル警察」とか
面白かったです。

ただ、最後に収録された京極夏彦氏との対談で
「ああ、こいつ、面白くないヤツだと思われるのがすごく怖い」と述べていますが、
自分が作った笑いについてアレコレ分析しながら対談するのなんて、
恥ずかしい行為の極地のように思ってしまうのですが・・・・・。


毒笑小説 (集英社文庫)毒笑小説 (集英社文庫)
東野 圭吾

集英社 1999-02
売り上げランキング : 27182

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  東野圭吾 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『ザビエルの首』 | メイン | 『告発封印』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4696-29bce00d
-毒笑小説-
毒笑小説 東野 圭吾 塾にお稽古に家庭教師にと、VIPなみに忙しい孫。何とかゆっくり会えないものかという祖父の訴えを聞いて、麻雀仲間の爺さんたちが“妙案”を思いつく…。前代未聞の誘拐事件を扱った「誘拐天国」をはじめ、毒のある可笑しさに満ちた傑作が1ダース!名作『怪笑小説』に引き続いて、ブラックなお笑いを極めた、会心の短篇集。「笑い」追求の同志、京極夏彦との特別対談つき。 毒... …
2016/01/09 22:11  こんな世界だからこそ本音を ▲ top

-『毒笑小説』-
毒笑小説 (集英社文庫)東野 圭吾集英社 1999-02Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 怪笑小説 (集英社文庫) 黒笑小説 (集英社文庫 ひ 15-8) あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫) 超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫) 名探偵の掟 (講談社文庫) 先日直木賞を受賞した、東野圭吾の笑いをテーマとした短編集。現在TBSで放送中の『白夜行』のような暗め... …
2016/01/12 18:56  雨読夜話 ▲ top

| メイン |