『戦略は直観に従う』
- 2015/12/31(Thu) -
ウィリアム・ダガン 『戦略は直観に従う』(東洋経済新報社)、通読。

ひらめきというのは、ゼロから何かを思いつくのではなく、
既にある何かと何かを上手く結びつけたときに起こるもの・・・・・
この考え方は、私も賛同します。

だからこそ、対象をよく観察し、その特徴を掘り下げて分析するとともに、
普段から周囲に興味関心を持つようにし、知識のストックを作っておく必要がある、
その2つをいかに面白く結び付けられるかが、勝負どころ。

私も、これまで何か発表したり報告したりするときに、
このテクニックを使って乗り越えてきました。
ま、苦し紛れの切り貼りになることも多かったですが(苦笑)。

本作では、このひらめきの仕組みについて解説しているのですが、
脳科学的な話よりも、具体的なビジネスでの実例を読みたかった私としては、
ちょっと物足りない感じでした。
ビジネスの実例も紹介はされているものの、もっと1つ1つのケースを深掘りして欲しかったなと。

ま、あとは自らの実践あるのみということですかね。


戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則
ウィリアム ダガン William Duggan

東洋経済新報社 2010-09-29
売り上げランキング : 123079

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『偽隠居どっきり日記』 | メイン | 『ハミングバード』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4690-273025e5
| メイン |