『野球県民性』
- 2015/12/14(Mon) -
手束仁 『野球県民性』(祥伝社新書)、読了。

47都道府県の県民性を、野球を通して比較してみようということで、
主に、高校野球常連高校とプロ野球選手を題材に分析を展開しています。

47都道府県を来たから順番に紹介しているのですが、
まずはその都道府県の風土や県民性という全般的なことを紹介し、
後半で具体的な学校や選手を上げて、その証明材料としている構成です。

正直、前半の県民性分析が浅いというか、
世間一般に言われていることを寄せ集めて、しかもちょっと毒を織り交ぜながら紹介しているので、
「スポーツ作家のあんたに言われたくないよ!」というような趣旨の
県民性批判が目に付いてしまい、あんまり気持ちよく読めませんでした。

ま、幸い、私の三重県は、保守的で穏やかな風土ということで、
それほど悪くは書かれていませんでしたが。
(高校野球的に特筆すべきことがない県という扱いなのかもしれませんが・・・・・・)

後半の高校野球やプロ野球選手の話は、
ま、好きな人は好きなのでしょうが、エピソードとして楽しむには
本作の紹介文量が少なすぎてイマイチ刺さらず。

というわけで、時間つぶしの読書となってしまいました。


「野球」県民性 (祥伝社新書)「野球」県民性 (祥伝社新書)
手束 仁

祥伝社 2005-08
売り上げランキング : 1100992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『なぜ大企業が突然つぶれるのか』 | メイン | 『1万円起業』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4668-1709f5e3
| メイン |