『新潟のおせんべい屋さんが東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだらとんでもないことが起こった!?』
- 2015/12/09(Wed) -
ROCKGIRLS編
 『新潟のおせんべい屋さんが東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだらとんでもないことが起こった!?』
                                                       (かんき出版)、読了。
新潟の米菓メーカーである岩塚製菓と、品川女子学院の中学2年生が
米菓「ふわっと」の新フレーバーを考えるというプロジェクトを追った本。

女子中学生の日記+岩塚製菓の担当者の振り返り+CMプランナーによるツッコミ
という3部構成で話が進んでいきます。

日記を書いている女子中学生は、相当な気合でこのプロジェクトに取り組んだようで、
正直、周りの友達から浮いちゃってたんじゃないかと心配になったり、
もしくは本書用の架空の人物なんじゃないかと思ってしまったり(苦笑)。
でも、女子中学生の本音のダメ出しは、お菓子メーカーにとってはありがたいヒントですよね。

一方の岩塚製菓の担当者のコメントは、
いろいろ学んだことがあると有意義に書きつつも、ちょっと詰めが甘い印象も。
女子中学生とのコラボなんていうニュースバリューのある話題なのだから、
もっと価値を使い倒すぐらいの必死さが欲しいなと思ってしまいました。
地方の安定した企業ののんびりさが出てしまったのではないかなと。

そこにツッコミを入れるのが、CMプランナーである澤本嘉光氏。
この本の価値は、この人の存在にあると思います。
なんとなく満足感が前面に出てしまっている岩塚製菓の面々に対して、
ビシッと、「ここが物足りない」「ここが勿体無い」と注文をつけています。
そこには、CMプランナーとして第一線で活躍する人の目の厳しさがあり、勉強になりました。

また、そのような厳しいコメントを、自社社員の甘いコメントとセットにして
そのまま本にすることを了承した岩塚製菓の懐の深さも感じられました。

最後に、楠木先生が急に登場して総括していますが(苦笑)、
こういうものって、実際に商品化されて、市場に出るということが大事なんだとまさにそう思います。

私が過去に受けたことのある研修でも、実際の企業のデータを使って戦略を立てたり・・・・というものが
ありましたが、所詮、実現しなければ机上の空論であり、どうとでも評価・批判できてしまうと思います。
しかし、市場に商品として投入されたら、女子中学生がどんなに盛り上がってても、
岩塚製菓の社員がどんなに良い先生役をこなしても、販売数という数字で現れるので、
客観的に評価が下されます。
この厳しさを体験できるか、口先だけで終わるかは、大きな違いだと思います。
そして、それを中学生という時期に経験できた彼女たちが羨ましいです。

事前モニタリングで、完全勝利的な評価を得たCチームのアイデアの商品化が
最も後回しになったという経緯は、正直???でした。
このあたりの企画力というか、マーケティング力が備わっている会社であれば、
もっと大きなヒットになっていたのではないかと思われるとことが残念でした。

でも、いろいろ勉強になり、エネルギーをもらえる本でした。


新潟のおせんべい屋さんが東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだらとんでもないことが起こった!?新潟のおせんべい屋さんが東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだらとんでもないことが起こった!?
ROCKGIRLS

かんき出版 2012-07-04
売り上げランキング : 295920

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  楠木建 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『社会起業家の条件』 | メイン | 『農民になりたい』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4662-62b7db9d
| メイン |