『社会起業家の教科書』
- 2015/11/30(Mon) -
大島七々三 『社会起業家の教科書』(中経出版)、読了。

社会企業家に関する本を立て続けに何冊か読みましたが、
取材対象に同じ人が出てくるケースがあります。

これって、取材側の事情もあるのでしょうけれど、
社会起業家の裾野がそもそも狭いのか、
それとも成功している人がほんの一握りだからなのか、知りたいところです。

この本でも何人か登場しますが、
私個人としては、やはり、社会貢献の理想よりも、安定的な事業提供という継続性の方に
軸足を置いている事業者の方に、信頼性をより感じます。

著者に安心感を覚えるのは、
理想や理念に傾倒せずに、客観的に描写してくれる姿勢です。
1人の仕事をする人として取材しているように思え、素直な評価が安心できます。

後半では、「教科書」という名のとおり、社会企業家としての企業のステップの解説や
支援団体の紹介などがあり、情報の厚みはないものの、
基本的な質問には答えてくれます。


社会起業家の教科書社会起業家の教科書
大島 七々三

中経出版 2010-12-18
売り上げランキング : 356840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『未来を変える80人』 | メイン | 『いま、地方で生きるということ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4652-10fe3fb7
| メイン |