FC2ブログ
『和宮様御留』
- 2006/12/25(Mon) -
有吉佐和子 『和宮様御留』(講談社文庫)、読了。

半年ぶりの有吉作品。
今回は、幕末の御所を舞台にした歴史モノ。
御所ことばと候文の手紙の数々に、読み進めるのには時間がかかりましたが、
物語運びの上手さと女性らしさを描き出す冷徹さに今回も感服。

4/5ほど読み進んで、
「この後フキはどうなるんだろう・・・もうページも残り少ない・・・」と
気にかけながら読んでいたら、なんとまぁ!のどんでん返し。
あまりの展開にしばし呆然。

事前にWikipediaで和宮にまつわる逸話・奇談を読んでいたので、
若干の予備知識を持ちながら読んでいたのですが、
「有吉作品はオリジナルの展開なのね」と思っていたら、
最後はしっかりと奇談も押さえた結末となっており、ぐぅの音も出ません。

「あとがき」を読むと、
この有吉作品がまさに真実なのだと思えてもくるのですが、
そんなことは些細なことだと思えるほどの傑作長編小説です。


和宮様御留
和宮様御留有吉 佐和子

おすすめ平均
starsリアリズムを超えたリアリズム
stars「歴史」は時には残酷なもの・・・
starsもはや小説のジャンルを超えた華麗なフィクション!
starsふたりの身代わり。
stars良い作品! 読むべき!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  有吉佐和子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『迷路館の殺人』 | メイン | 『会社のしくみがわかる本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/464-d2694aec
-「和宮様御留」 有吉佐和子-
「和宮様御留」 有吉佐和子著 講談社文庫 (08/07/05読了){/clover/}{/clover/}{/clover/}{/clover/}  前々から読みたいと思っていた一冊。子どものころ、大竹しのぶ主演でテレビドラマ化され、予告編で大竹しのぶ扮する替え玉の宮様がお習字の練習をする場... …
2008/07/21 11:28  おりおん日記 ▲ top

| メイン |