『超具体化コミュニケーション実践講座』
- 2015/11/21(Sat) -
小宮一慶 『超具体化コミュニケーション実践講座』(プレジデント社)、読了。

他の著者の著作の切り貼りのような感じがしなくもないですが(苦笑)、
でも、何かを伝えて人を動かすにはどうすればよいかという点に絞って、
タイトルどおり具体的に書かれているので、分かりやすいです。

ただ、動かす対象の「人」のレベルが、かなり低い人を想定しているような・・・・。

例示で挙がっているような言葉で具体的に指示を出したら、
それはもう、コンピュータに指示を入力しているようなものと同じではないのかと感じてしまいました。
自分では考えられない人、自分で考えさせていけない人を対象に
コミュニケーションを取るような想定になっているように感じました。

私が動いて欲しいのは、自分の意思があって、もしくは思い込みがあって
簡単には動いてくれない人に、どのようにアプローチして、どのように第一歩を動いてもらうかなので、
この本の内容をそのまま適用できる軟な相手ではありません(苦笑)。

でも、そういう人が相手でも、説得したあとに実際に動いてもらう第一歩には、
具体的な指示をしないと、結局は動かないんだろうなということは思います。

その場面では、役に立ちそうですね。


「超具体化」コミュニケーション実践講座「超具体化」コミュニケーション実践講座
小宮一慶

プレジデント社 2009-02-17
売り上げランキング : 316639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小宮一慶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『三国志 勝つ条件敗れる理由』 | メイン | 『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4637-2dabf726
| メイン |