『君が壊れてしまう前に』
- 2015/11/03(Tue) -
島田雅彦 『君が壊れてしまう前に』(ピュアフル文庫)、読了。

タイトルで買ってきましたが、当たりでした。
面白かった!

14歳、中学生、男子が、自分の日々を書いた1年間の日記という体裁です。
学校に行き、友人とバカをし、好きな子ができ、けんかし、
父親が家出し、家庭教師が来て、映画を撮って・・・・・。

淡々と日々が流れていきますが、どの毎日も興味深く読んでしまいました。
なんでだろ。

確かに、好きな子が難病にかかって手術したり、
父親が外に女を作って(と想像される)家出して数ヶ月も帰ってこなかったりと、
普通の中学生には起きない事件も起きてはいますが、
本人の日記は、至って飄々と書かれており、そういうことも起きうるかなぁ・・・・と思えてしまいます。

なのに、なぜか面白い。
島田作品のなせる技でしょうか。

主人公が、男子にも女子にも、心を開いて良いと思っている友人が1人いることが、
この物語の深い味になっているような気がします。
上手く表現できないですが。

こういう人間関係って、中学生のときにしか築けない気がします。
そして、全ての中学生が築けるわけではない、
というか、こういう友人がいる中学生の方が珍しいように思います。

羨ましい!


君が壊れてしまう前に (ピュアフル文庫)君が壊れてしまう前に (ピュアフル文庫)
島田 雅彦

ジャイブ 2006-09
売り上げランキング : 457922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  島田雅彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『人間の覚悟』 | メイン | 『お通しはなぜ必ず出るのか』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4608-977e1011
| メイン |