『バターはどこへ溶けた?』
- 2015/10/23(Fri) -
ディーン・リップルウッド 『バターはどこへ溶けた?』(道出版)、通読。

明らかに二番煎じのタイトルであり、
しかも、本書冒頭でも自らネタにしているぐらいですから、さもありなん。

ただ、こちらは、かなり趣味嗜好がロハス的というか、何と言うか・・・・。
ま、ゆったり構えて過ごしなさいということなのかもしれませんが、
私にはあんまり刺さりませんでした。

キツネのようにガツガツする必要はないのかもしれませんが、
タマのように何もしない日々というのは、何のための毎日なのだろうかと
疑問が湧いてきてしまいます。

バターばかりを追いかけることは、多様性の観点からもリスキーだと思いますが、
かといって、ぼーっとしてると、バター以外にも素敵な食べ物があることに
気づけないのではないかと思います。

適度に好奇心、適度に活動的、その適度さに満足している自分、
このバランスが大事なのかなと感じました。


バターはどこへ溶けた?バターはどこへ溶けた?
ディーン・リップルウッド

道出版 2001-04
売り上げランキング : 80985

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『閉ざされた夏』 | メイン | 『中国・韓国の歴史教科書に書かれた日本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4590-7203690e
-『バターはどこへ溶けた?』-
『バターはどこへ溶けた? Where Has My Butter Gone ?』 (道出版) 著:ディーン・リップルウッド 絵:吉沢深雪 始めに和尚の語りがあるように、内容に仏教的な思想を色濃く感じる。 内容は二匹のネコ(タマとミケ)と二匹のキツネ(マイケルとジョニー)がバターを探す話である。 バターはネコとキツネにとって一番のごちそう、感心ごとである。 寓話的であり、明らかに... …
2016/07/07 21:13  もみじの本屋 ▲ top

| メイン |