『地域再生の罠』
- 2015/10/25(Sun) -
久繁哲之介 『地域再生の罠』(ちくま新書)、読了。

これは面白かったです。

地域再生の成功事例として取り上げられる町が、
実は、閑古鳥の鳴いている状態だった・・・・・という事象から、
なぜ、その地域再生施策が失敗に終わったのかを解きほぐしていきます。

先日、実家のある商店街に帰ったのですが、
地域のお祭りの日は当然、お客さんで溢れかえっています。
しかし、祭りの翌日は、それはもう淋しいもので・・・・・。
しかも祭りの当日も、実際は通行人が多いというだけで、
商店街のお店を利用してくださる方は思うほどには伸びません。

商店街の空き店舗やさら地になった部分を活用(もしくは隠蔽)しようとして
市が休憩所をたくさん設置するようになりました。
一見、来場者への優しいサービスのように見えるのですが、
無料で座れる場所ができたことで、屋台で食べ物を買って食事に買える人が増え、
我が家のような飲食店にはお客様が流れてこなくなってしまっています。
地元飲食店の犠牲の上に成り立っている来場者サービスなんです(悲)。

そういう、ちょっとした思い付きで、お客様のためをおもってやっているつもりの施策が、
実は地元商店には歓迎されていないという事実を目の当たりにしたばかりだったので、
本作で、実名をもって取り上げられている各地の商店街や市街地中心部の様子や
地元民の醒めた見方については、非常に納得性を覚えてしまいました。

じゃあ、どうしたら良いの!?というところなのですが、
本作ではそこまでの答えは得られません。
というか、各地の地元の人間が真剣に考えるべきことなのであり、
著者のようなコンサルタントに頼るべき話とは違うんだろうなと思いました。

お祭りのときは、地元の若者や子供たちが、郷土芸能などを一生懸命演じている姿を見るので、
次世代が育っていない街ではないと信じています。
自分も何か貢献できると、もっと確信を深められるのかなと感じています。


地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)
久繁 哲之介

筑摩書房 2010-07-07
売り上げランキング : 26245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『社会起業家になる方法』 | メイン | 『Wedge 2015年11月号』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4588-8f630ebe
| メイン |