fc2ブログ
『中国・韓国の歴史教科書に書かれた日本』
- 2015/10/22(Thu) -
別冊宝島編集部 『中国・韓国の歴史教科書に書かれた日本』(宝島社文庫)、通読。

かねてから、日中や日韓の歴史認識問題に触れるにつけ、
中国や韓国ではどのような歴史教育、特に日本という国の説明がなされているのだろうかという疑問
持っていました。

まさに、その疑問に答えをくれそうなタイトルだったので読んでみました。

最初の印象は、予想していたほどには
中国も韓国も感情的な記述にはなっていないんだなということです。
記述量もそれほど多くないということもあり、
(ま、自国の歴史を語る上で他国の記述をそんなに増やすのも変な話なのですが・・・)
個々の内容はともかくとして、全般的には冷静な教科書のような印象受けました。

一方で、教科書がどのように学校教育において使われているのかという
運用面に関する解説が一切ないので、片手落ちです。

例えば、私の場合、高校の日本史の先生は教科書をなぞるような授業をしましたが、
中学の社会の先生は、自分でプログラムを組み立てており、ほとんご授業中に
教科書を読むようなことはしませんでした。あくまで試験勉強に自分で使うぐらいで。

どんなに教科書の記述が冷静であったとしても、授業で使われずに、
毒々しい副読本を使っていたり、先生が熱弁を奮っていたりすれば、
教育の結果は全く違うものになってくると思います。
そこを知らなければ、私のそもそもの疑問は解消しないなと、本作を読んで感じました。

一つ興味深いなと思ったのは、
中国では複数の教科書が存在し、学校自身が教科書を選択できるのに比べて、
韓国では国定教科書1つしかないということです。

私の勝手な想像ですが、中国では、やはり教育はエリートのものであり、
何を勉強するのかという選択自体に一つの価値を置いているのに比べて、
韓国では、いかに全国民を等しく教育するかというところに価値を置いているのかなということです。
純粋培養さで言うと、韓国のほうが危うい印象を受けます。

ま、いずれにしても、今回の読書は流し読みで終わってしまいました。


「中国・韓国の歴史教科書」に書かれた日本 (宝島社文庫)「中国・韓国の歴史教科書」に書かれた日本 (宝島社文庫)
別冊宝島編集部

宝島社 2006-06
売り上げランキング : 485551

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  別冊宝島編集部 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『バターはどこへ溶けた?』 | メイン | 『人に強くなる極意』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4580-54cf7af2
| メイン |