『仏典をよむ』
- 2015/10/19(Mon) -
末木文美士 『仏典をよむ』(新潮社)、通読。

父親から、「面白かったぞ」と渡されたのですが、
私には難しかったです(><)。

仏教の教えには興味があるのですが、
本作は、タイトルが示すとおり、「仏典」に軸足を置いており、
様々な経典が登場してきます。
そこまで行ってしまうと、やはり相応の仏教の教えの理解がないと
経典間の関係性など把握できないわけで、レベルが高かったです。

文章自体は読みやすいように工夫されていたので、
この著者の作品で、もう少し仏教思想よりな内容の本を読んで見たいです。


仏典をよむ―死からはじまる仏教史仏典をよむ―死からはじまる仏教史
末木 文美士

新潮社 2009-04
売り上げランキング : 385087

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<東京都中小企業診断士協会 秋大会 | メイン | 『領土問題が2時間でわかる本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4573-48f87545
| メイン |