FC2ブログ
『倒錯のロンド』
- 2006/12/09(Sat) -
折原一 『倒錯のロンド』(講談社文庫)、読了。

ストーリー構成に思わず唸ってしまいました。
「なるほどねぇ」

読み進めていて、ところどころ腑に落ちないというか、
違和感を覚える箇所があったのですが、
真相がわかったら全て解決。「そういうことだったのね」と。
貫井徳郎さんの『慟哭』を読み終わった後の感覚に似てるかな?

ただ、作品の「からくり」を知ったとき、
「現実世界から半分逃避してるな」と感じたのも事実。
複雑なからくりを駆使したストーリーなので感嘆の気持ちが先に来るけど、
「そういう設定なら何でもありじゃない?」と醒めている気持ちも在り・・・。
でも、世の中の犯罪なんてどれも、
明瞭な頭ではなく夢うつつの頭で起こされてるのかもしれません。

いずれにしろ、この作品を面白いと感じたことには変わりありません。
推理小説好きの方のblogを見ると、
必ずと言って良いほどこの作家さんのお名前を目にするので、
今回初めて読んでみたのですが、その評判は伊達じゃないですね。


倒錯のロンド
倒錯のロンド折原 一

講談社 1992-08
売り上げランキング : 24410

おすすめ平均 star
star館モノの本格推理に飽きた人へ
starクールでかっこいい小説
star読みやすい本格もの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

慟哭
慟哭貫井 徳郎

おすすめ平均
stars結構長い話だったけど
stars単調で先読み出来る内容だが映画化して欲しい!
stars筆圧。
stars悪くはないのだが・・
stars何とも言えない気分に…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  折原一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<内村さまぁ~ず | メイン | 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/453-923769f7
| メイン |