『膠着』
- 2015/09/11(Fri) -
今野敏 『膠着』(中公文庫)、読了。

裏表紙に「ユーモア小説」と書かれていたので
気軽に読み始めたのですが、予想の上を行く軽さでした(笑)。

社長の御曹司派と専務派に分裂した老舗の糊会社。
TOBをかけられ、、起死回生のつもりの新商品開発で生まれたのは「全くくっつかない糊」。
その新商品の使い道を、山奥の工場の一室に集められたメンバーで検討する・・・・・。

間違って1桁多く糊を納品してしまった新人主人公に対して、
訂正に謝りに行かせるのではなく、1桁多いまま納品して売り捌かせようとする先輩営業マン。
この導入部分は面白かったのですが、本題の商品会議の中身が、小説全編を使って
長々とやっている割にはぐだぐだで、結論も、「それで終わり!?」的な内容。

社内派閥争いも、TOBも、そこから派生したスパイ疑惑も
どれも盛り上がりを見せないまま終息してしまい、
非常にこじんまりとまとまって(というか縮んで?)しまった感のある作品でした。

今野さん、あれこれ作品を書きすぎなのでは?と心配になってしまいました。


膠着 (中公文庫)膠着 (中公文庫)
今野 敏

中央公論新社 2010-01-25
売り上げランキング : 288795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  今野敏 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『乱反射』 | メイン | 『暴雪圏』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4524-d4a8fd56
| メイン |