『暴雪圏』
- 2015/09/11(Fri) -
佐々木譲 『暴雪圏』(新潮文庫)、読了。

冒頭、様々な登場人物たちが一気に登場してくるので、
1人1人を頭に入れるのに苦労しました。
なんだか、どの人物も、社会に対して前向きさが感じられないというか、何というか・・・・・。

雪解けの河原で女性の変死体が見つかり、
一方で、暴力団の組長の家では強盗殺人事件が勃発しますが、
意外と両方の事件は、大きな変化を伴うわけでもなく、淡々と事件後の動きが展開していきます。
ま、現実の世界は、こういうものなんでしょうね。

ページ数のボリュームが多い割には、
淡々と物語が進んでいくので、途中でちょっとダレてしまいました。

最後に何か凄い展開が待っているのかも・・・・と期待しましたが、
最後まで田舎の人間模様を描いた作品というスタイルを貫いた印象です。

ま、こういう作品もありなのかな。

サスペンスとか、警察小説を期待して読むとガッカリするかもしれませんが、
地方の暮らしを描いた作品としては、しっかり書き込まれているように思いました。


暴雪圏 (新潮文庫)暴雪圏 (新潮文庫)
佐々木 譲

新潮社 2011-11-28
売り上げランキング : 134101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  佐々木譲 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『膠着』 | メイン | 『手を動かしながら考えるビジネスプラン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4522-71abaa78
| メイン |