FC2ブログ
『エネルギー論争の盲点』
- 2015/09/05(Sat) -
石井彰 『エネルギー論争の盲点』(NHK出版新書)、読了。

温暖化の次は、エネルギーのお話・・・・・という王道コース。

ただ、本作は、環境問題を声高に訴えるものではなく、
あくまで現実的に、冷静に、エネルギー問題を考えようというスタンスで、
非常に説得力の高いものだと感じました。

そもそもなぜエネルギー問題が重要な社会問題なのかという
根本の整理から始まり、歴史を紐解きながらその変遷を解説してくれる流れに、
今更ながら、多くを学ばせてもらいました。

エネルギー利用価値を測定する9基準など、
至ってシンプルに当たり前のことを述べているにも関わらず、
あまりこういうアプローチは聞いたことがないなと感じてしまいます。

つい、「石油高騰!」「温暖化が危ない!」「原発反対!」というような
目の前の課題に対して感覚的・感情的に叫んでしまうことが多いのですが、
あくまで人類の大きな流れの中で、長期スパンで考えると何が重要なのかということを
再認識しました。

あと、難しい物理学の用語についても、分かるように解説する努力がなされており、
ようやくこの本で、「エントロピー」のイメージが何となくつかめるようになりました(苦笑)。

また、現在の「Co2削減のためには自然エネルギーしかない!」という論調は、
50年前の「夢のエネルギー源、原子力!!」という論調と同じであるという指摘は
目からウロコでした。
結局、我々日本人は、思考するとは何か、判断するとは何か、
戦略を立てるとはどういうことかという点で、何も学んでいないということなのですね。


エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版新書 356)
石井 彰

NHK出版 2011-07-07
売り上げランキング : 162306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<鈴木理策写真展『意識の流れ』 | メイン | 『包帯クラブ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4517-0b1af909
| メイン |